間違いない!ベンツはすごく魅力的な車種

本文はベンツという車種の起源と歴史について、ダイムラー・ベンツ社の歴史と共にまとめたものである。

間違いない!ベンツはすごく魅力的な車種

ベンツという車種の歴史について

ベンツという車種の正式名称はメルセデス・ベンツといい、世界でも最も古い自動車会社であるダイムラー・ベンツ社が展開するブランドです。

もともとは、ドイツのゴットリープ・ダイムラーが率いる研究室とカール・ベンツの会社が、互いに自動車の開発に凌ぎを削っていたのですが、1926年に2社が合併してダイムラー・ベンツ社が創設されました。
メルセデスベンツは1899年生まれ。メルセデスという名前は、当事ダイムラー・ベンツ社の経営に携わっていたオーストリア・ハンガリー帝国の領事、ユダヤ系ドイツ人エミール・イェリネックの娘の名前からつけられました。
ドイツ語では「メルツェデス」と発音し、、スペイン語では『慈悲深い人』という意味になります。
メルセデス・ベンツは、1902年に正式に商標登録されました。
尚、ダイムラー・ベンツ社は、数ある自動車メーカーの中でも安全性に特に力を入れていて、今は標準装備のアンチロックブレーキやエアーバックなどを発明したのは、ダイムラー・ベンツ社が最初です。

メルセデス・ベンツの日本での歴史は1912年に始まります。
1912年(大正元年)にメルセデス・カルダンヴァーゲンが御料車として輸入されたのがベンツが日本に来た最初です。

御料車とは、日本の天皇や皇族が乗車するための高級車のことですので、メルセデス・ベンツは日本に輸入された当初から、高級車として扱われていたわけです。

その後、1933年(昭和8年)ルード・ラーティンエン商館がはじめてメルセデス・ベンツを一般に販売を開始しました。

関連リンク

Copyright (C)2017間違いない!ベンツはすごく魅力的な車種.All rights reserved.